ト ッ プ アバウト 七 宝 焼 和 服 合 唱 モーちゃん コンタクト ENGLISH

  Choeur classique Vaudreuil-Soulanges (カー・クラシーク・ヴードロイ・スラーンジ)

   地元の合唱団に所属しています。1963年発足という、息の長い仏語系のアマチュア合唱団です。この町に引越してすぐに入ったので、もうかれこれ15、6年もここで歌っております。 入団したばかりの頃の私はかろうじて若者層(笑)に引っ掛かっていましたが、今ではすっかり古参の団員となり、歌う以外にもアレコレお手伝いするようになりました。
   CCVSはその名前の通りクラシックを中心に歌っています。日本とは事情が異なり、こちらの合唱グループでは、一年を前期と後期で分け、前期(秋冬)に季節コンサート(まあ、ぶっちゃけクリスマスコンサートです)、後期(春)に本コンサートを開催するというのが大まかな流れとなっているようです。単発で教会行事やイベントなどへの参加をお願いされる事もあります。でもそうなると夏ありませんよね?夏、どこ行っちゃったんでしょうね?(笑)
   こういった合唱などの趣味の活動は、一般的に六月から八月までがっつりお休みになってしまうのです。こちらの学校と同じですね。すると当然ですが、慢性的な練習不足のような事態に陥りやすく、特に冬コンサートなどは練習期間が3ヶ月しかないということになります。 これには勤勉な日本人(ぉ)としては少なからず不満を抱かざるを得ないわけですが、地元の人達の中にも同じ思いの人がいるようで、夏期合唱難民救済措置(笑)として希望者を募り夏の間だけ活動する団体もあります。 まあそれでプログラムの完成度が上がるわけではないのですが・・・。
   このセクションでは、そんなCCVSの活動内容やコンサート情報などをまったりと紹介していきたいと思います。
 

  CCVS 2016年 春のコンサート (現在調整中)

   2016年春のCCVSコンサートでは、Pergolesi, Brahms, Mozart, Haydn などのメジャー処をはじめ、ちょっと面白い演目なども予定しています。おっ楽しみにぃ~!
 
 

  音取り用MIDIと、もしかしたら楽譜 (現在調整中)

   今日日はMIDIも楽譜もうっかり作るといろいろ『ややこしいこと』になりますよね。けど自分の使い勝手が良いように作ってるだけですしー。歌詞がフランス語な上に手書きの楽譜なんか、メガネかけても読めるわけありませんしー。 ということで、最初は本当に純粋に自己満足で作っていただけだったのですが、身近な人にも提供するうち、気が付いたらMIDIファイル及び楽譜作成担当者みたいなことに。 さすが安定の日本人クオリティー、ビシッと断れないんですわ・・・(涙)。
   ちなみに使用ソフトは前時代的にCherry(with YAMAHA XG)とLilypondです。机上XPが壊れる時が辞め時ってことになると思いますんで、『ややこしいこと』はホント勘弁して頂きたいっ!何卒何卒。
  (Coming soon!)
 

  CCVSと私の微妙に後ろ暗い関係

   ケベックに20年近くも住んでいるのにフランス語はからっきしな私。合唱団の名前すら未だに正確に発音もできなけりゃ、まともに書けもしません。なので週一の練習日には、声を出す練習以外ではひたすらボケーッとしてるだけってことになります。 十数年ずっとそんな感じです。慣れたもんです。すると不思議なもので、自分の周りで行き交うフランス語がBGMのようになってしまって、何かの拍子に意味が頭に入ってきたりすると逆に慌ててしまいます。
   実は今年の桃の節句の時期に、合唱団の存続を揺るがすような重大事件が起こったんですが、その際の阿鼻叫喚さえも私の頭上を通過したに過ぎなかったという・・・。 中心に近い位置にいると同時に部外者のような高みの見物も許される状態というか・・・。そんなある意味特異な立ち位置が面白いです、ハイ。もちろん美しく合唱するのが第一目的ですとも、エエ。