ト ッ プ アバウト 七 宝 焼 和 服 合 唱 モーちゃん コンタクト ENGLISH

  母の遺品

   もともと私自身はごく平均的な日本人。着物に関しても冠婚葬祭など必要な時に誰かに着せてもらうのみ(汗)で、さして和服に知識があるわけでも興味があるわけでもありませんでした。ところが母の没後、遺品整理をすると実家にはかなりの数の着物があることがわかり、にわかに必要に迫られることに。桐箪笥は勿論、洋ダンスにまでしまってあって、終いには衣類がしまってあるとは思いもしなかった押入れからもごっそり出てきました。母自身が仕事で着物を着用していた時期もあったため、それらの仕事着や他の帯やの何やのを合わせると最終的に100品近くのものが出てきました。
   座敷に集結した新旧諸々の和服の山に動揺しつついろいろ聞いて回ったり、ネットで調べたりしてみると、日本には同じような状況の人達がたくさんいて、その処理に本当に苦悩されているようでした。リサイクルショップに持っていっても、業者に引き取ってもらってもほんの二束三文。着物で一杯のタンス三棹で3000円だったなんて話も見かけました。そーれはいくらなんでも母も着物もかわいそうと思い、私は思い切って全着救済の方向(処分しない)であがいてみることにしました。
   このセクションでは当世の断捨離ムードを尻目に、山盛りの和服を活用するべく悪戦苦闘する様子を報告していきたいと思います。(2015年冬)
 

  全救済計画

   出てきた着物のうち母のものは8割程。残りの2割程は母以外の家族の和服。子供行事の晴れ着なんかも出てきちゃいましたよ、ワタクシの・・・。更には、知らないうちに母が仕立ててくれていた私用の着物も数着出てきました。お母さん、ありがとう。・・・でもできればその色目が似合う年齢のうちに教えて欲しかったかもよ・・・(涙)。
   さて問題は母の着物。体格的に私の3分の2ぐらいしかなかったので、母のものは私がどんなにがんばって縮こまっても七部袖の無おはしょり状態。中には裄出しも丈出しもできるのものもあるみたいなんですが、和裁を今から勉強するには、気力も視力も全然足りてないお年頃のワタクシ・・・。ほんとに不甲斐無いったら。
   取り敢えず自分の着物はニマニマ眺めつつとっておいて、母の「絹かな?グループ」を半年計画でこちらに送ることにしました。その中から虫が食っちゃってるのや傷んでいるものはほどいてリサイクルに、ハサミを入れるのが躊躇われるような、程度の良い上等そうのは、う~ん、どうしようかな、着てもらえる人にお譲りしていこうかな。こっちでは着物をガウンとか寝巻き代わりに着るっていう女性も少なからずいらっしゃるようなので。ジョキジョキ切り刻まれるよりいいと思うんですよね、着物にしてみたらば。残りの「ウールとかかな?グループ」は(「絹かな?グループ」よりたくさんある・・・)当面実家で待機してもらおうと思います。日本全国には長年タンスの肥やしでがんばった挙句に即廃棄された悲しい着物ってたくさんあるんだろうなあ。ほんとに理不尽な話だよね。
   あ、そうだ、もあるんだった。出てきた帯は礼服用の定番などのほかは母が仕事で使っていた反幅帯が大半。調べてみると今はフォーマルな場以外なら着物に半幅帯を締める人も多いそうです。浴衣専用と思っていたので目から鱗でした。着物に締められたら楽だよなあ。
 

  リサイクル祭り開催中

  リサイクル始めてみて気づいたこと。絹は風合いとか手触りとかすごくいいんだけど、生活用品へのリサイクルには向いてない・・・(涙)。何しろ洗濯機でジャブジャブ洗えないから。実家で待機中のウールも合間に送ろうかなあ・・・。古い着物の良い活用方法をご存知でしたら是非お知恵を拝借させてください!

(*ここではマチのあるなしでショルダーバッグとポシェットを分けています。)

ランチョン
マット
壁飾り 壁飾り カーテン ポシェット ランチョン
マット
暖簾 クッション
カバー
ワイン
バッグ
ワイン
バッグ
ワイン
バッグ
トート
バッグ
財布 巾着袋 メガネ
ケース
巾着袋 巾着袋 財布
筆入れ ポシェット 巾着袋 財布 巾着袋 財布 財布 財布 メガネ
ケース
ヨガマット
ケース
巾着袋 巾着袋 ショルダー
バッグ
ポシェット ポシェット ポシェット ショルダー
バッグ
ポシェット
ハンド
バッグ
ハンド
バッグ
ペットボトル
ケース
ペットボトル
ケース
ペットボトル
ケース
メガネ
ケース
巾着袋 巾着袋 巾着袋
ペットボトル
ケース
ペットボトル
ケース
ペットボトル
ケース
ペットボトル
ケース
スマホ
ケース
スマホ
ケース
ハンド
バッグ
イヴニング
バッグ
イヴニング
バッグ
トート
バッグ
小銭入れ ミニ手提げ ランチョン
マット
ペットボトル
ケース